本文へ移動

デイサービスセンターなでしこ

デイサービスセンターなでしこの紹介

お客様のこうでありたいという願いを、安全への配慮・良質のサービス提供で実現できるよう、生活相談員・看護師・機能訓練指導員・認知症介護実践者などの専門員が一体となって取り組んでおります。
デイサービスセンターなでしこは、介護保険での通所介護だけでなく、障がい者支援サービスの生活介護でのご利用も承っております。是非ご検討を賜ります様お願い申し上げます。
 

デイサービスセンターなでしこ 新着情報

デイサービスセンターなでしこでは おとなの学校が開講されています!
おとなの学校とは「学校形式」を取り入れた、高齢者の意欲が高まる新しいケアのカタチです。 教室で授業を受けるという形で、国語・理科・社会・算数・音楽などのテキストに沿って、『学ぶ・考える』事を楽しみます。 出来ても出来なくても心躍るような時間を過ごす事で、生活全体の活性化が期待されます。 ワクワクする時間が生きる意欲を高め、『介護をしない介護』に繋がります。

新型コロナウィルス対策の現状

     デイサービスセンターなでしこを併設した、サービス付き高齢者向け住宅 
  なでしこの館3号館では、6月25日に 居住者様・職員 が2回目のワクチン
  接種を済ませております。 
      10月1日より新型コロナ感染症に関する規制が緩和されてはおりますが
  当面事業所の所在する施設では、入館・外出の厳しい制限が当面継続される事
  となっております。
  館内へは医療関係者以外が立ち入り禁止で、職員・職員の家族の飲食・不要不
  急の外出も自粛を厳命しております。
  
  ご不便をお掛けする事となり、まことに心苦しい次第では御座いますが
  厚生労働省・仙台市・連携する医療機関等から得られる様々な情報をもとに
  適切な対応を緩むことなく行って参ります。 

  マスク・アルコール消毒・次亜塩素酸ナトリウム系の消毒だけでなく
  入り口での体温測定(非接触型)・次亜塩素酸で空気中を殺菌する
  大型空気清浄機(パナソニック製)・全てのテーブルにアクリルパー
  ティションを完備し対応を行っております。
  
  皆様と共にがんばって参りますので、ご協力をお願い申し上げます。

朝晩は すっかり秋です ・・・

         やっと秋らしくなり、穏やかな日が続きそうです。暑い夏を無事に
         乗り越えて頂き有り難う御座いました。
 

これからの予定

10月23日 (土)なでしこクッキング 恒例の新米でダマタンポ作り
10月26日(火)ゲームで体を動かしましょう
10月30日(土) 温かなお汁粉
11月11日(木) 11月の誕生会
11月20日(土) 待ってました! 仙台の芋煮をお腹いっぱい・・
  秋は旬の食事が豊富になります、臨時のクッキングもご期待ください。

行事予定

12月行事予定

(2021-11-27・422KB)

ご利用風景

地域連携復興への取組
なでしこ花魁道中
ひな連壇
四季折々の行事食
お出かけ用 リフト付き大型バス

施設風景

デイサービスフロア
特殊浴槽完備の浴室
3号館エントランス

事業所概要

●施設外観
●施設名称
 指定通所介護事業所  デイサービスセンターなでしこ
   生活介護(基準該当通所介護) デイサービスセンターなでしこ
  TEL:022-232-7570  

所在地:〒984-0042 仙台市若林区大和町3丁目2番18号
               TEL022-232-7570 / FAX022-232-7573
事業所番号 通所介護:0475302089
事業所番号 生活介護:0445300098
開所年月日:平成24年12月1日
建物面積:428.3平方メートル(1階部)
建物構造:重量鉄骨造 地上3階建
 
●施設は大和町の通りに近く、銀行・郵便局・コンビニなど街の利便さを備えております。

サービス提供の体制

サービス     通所介護         生活介護(基準該当通所介護)

対象者
   要介護1~5の方       支援区分2~6の方(区分2は50歳以上)
実施日
09:00~17:00(月曜日~土曜日)
休業日
日曜日/年末年始(12/31~1/3)
利用定員
25名
職員体制
管理者1名・生活相談員2名・看護師2名・機能訓練指導員3名・介護員11名・事務職1名                                        (兼務者含む)
資格取得状況:介護福祉士4名・介護職員実務者研修2名・介護職員初任者研修2名
       理学療法士1名・准看護師2名・あん摩マッサージ指圧師2名・認知症
       実務者2名・全身性障害者ガイドヘルパー5名・視覚障害者ガイドヘル
       パー5名・喀痰吸引3号研修4名 他
受入対応
リフト車両での送迎・車椅子での入浴が可能。中重度者の方も安心して通所出来ます。
医療対応:在宅酸素療法・喀痰吸引・自己導尿・インスリン等が可能 
お問合せ
 管理者 工藤則博   生活相談員 尾形淳子
 TEL 022-232-7570  FAX 022-232-7573  mail kikaku@tcm-s.jp

処遇改善・働き方改革への取組

処遇改善の取組

【資質の向上】
職員の資質向上のため当事業所では、通所介護職員の基本として求められる9項目のテーマに加え、現場で必要とする専門的な研修を実施しております。(今年度は16項目を予定) 法人グループ内に介護・障害サービスに関連した各種資格講座を生業とした『いのちの学園』を有しており、研修・評価・実地指導を事業所と連携して行っております。 
研修により学んだ事・出来るようになった事は職員のキャリア別に定期評価され、職員の待遇等に反映されております。
【労働環境・処遇の改善】
介護・障害サービスでは、実際のサービス提供と共に多くの記録業務が求められます。法人グループでは共有が可能な情報や記録を社内ネットワークで活用しており、今年中には更に基幹システムのクラウド化・タブレット導入によるペーパーレス化が進み、大きく効率化が促進します。 肉体的な負担・リスクに関しても適宜ロボット等の導入を試しており、法人として最も重要な資源となる職員の健全な職務遂行を願っております。

働き方改革への取組

【子育て支援】私たちは介護職員として社会に奉仕出来る事を願うだけでなく、職員の家庭生活が幸せで安寧である事も大切と考えております。良き家庭で健全な若い世代が育まれることが、安定した共生社会の実現には不可欠と考え、特に子育て世代の職員には家庭生活を優先できるよう配慮しております。
【シニア活用】シニア世代の方には、経験が活用できる重要な役目を担って頂く場を提供しており、生涯現役を目指して頂いております。
【外国人雇用】フィリピン・中国等外国の方の雇用を積極的に行っており、専門知識等必要な研修を実施しながら活躍されております。今後も時流に沿い健全な経済に立脚した運営を行う事で企業責任を果たしたいと考えます。 
【時間外労働】介護の仕事には、定時の業務だけでなく様々な時間での勤務体系がありますが、当事業所では労務関連法を順守する事はもちろん、時間外の労働の常態化を防止し、月40時間を超える勤務はありません。
【有給休暇】有給休暇の取得は70%の取得を目指しており、今般改定された『法定の年次有給休暇付与日数が10日以上の全ての労働者に対し、毎年5日、年次有給休暇を確実に取得させる』は着実な実施を目指しております。
【医療・介護休暇】介護を生業としておりますので、当然ながら職員における家庭での医療・介護に関しては、法人として全力で対応しております。
【その他】上記他に業務の見える化、女性管理者の登用、非正規職員を含めた給与待遇の向上も推進しております。

宮城介護人材を育む取組への参加

1
介護事業者の取り組みを公表(見える化)することで、介護人材の参入を促します。
2
介護事業者の職場環境のレベルアップ・改善を促し、介護人材の定着をめざします。
3
宮城県、各市町村、関係団体が連携し、宮城県全体が、介護の職場環境改善に取り組みます。
送迎サービスについて
入浴介助サービスについて
食事提供サービスについて
健康状態のチェックについて
機能訓練について
つくる楽しみについて
1日のスケジュールについて
年間行事について

資料ダウンロード

見学・体験通所のご案内

見学・体験通所 お申込書

事業所基本情報

事業所基本情報.pdf

(2021-07-01 ・ 276KB)

デジタルカタログ

デイサービスセンターなでしこ

お問合せについて

 デイサービスセンターなでしこへのお問い合わせは
 
  ☎ 022-232-7570 Fax 022-232-7573 又は ✉ kudo@tcm-s.jp 
 
      担当:工藤・尾形 までお願い致します。
TOPへ戻る